ベストは航空会社で探す方法

- ベストは航空会社で探す方法

ベストは航空会社で探す方法

格安航空券の探し方として、やはりベストは航空会社で探す方法でしょう。
昨今の目玉はLCCでしょうが、それはちょっと置いといて?
逆にそれと対抗できそうなツアーにも負けない安い航空チケットを探してみましょう。

やっぱり日本航空

経営難に陥ったとはいえ、やはり日本のナショナルフラッグとして日本航空は外せないでしょう。
もちろん格安航空チケットが経営に与えた影響は大きいでしょう。それでも災い転じて福となす!
JAL航空券には正規の格安航空チケットでもある先得があります。75日前ならウルトラ先得があります。
なお旅行代理店の窓口やネットサイトなら、もっとリーズナブルな航空券がありそうです。
海外滞在が長いほど実感しますが、JALに乗ると、日本に帰ってきた!安心感があります。


国内線は全日空

国内線を考えれば、名前の通り全日空です。
ANA航空券の正規格安航空チケットには旅割があります。
最大80%オフ!そんな航空チケットも予約できます。
羽田と那覇の間が、8月なのに11400円!もちろん数量限定なので、こまめなチェックが不可欠です。
一方で直前まで日程が決まらない?それでも3日前までなら、特割があります。
例えば東京那覇間で22000円!直前なのにこの値段は驚きです。
青い海には青い機体が映えるでしょう。

九州へはスターフライヤー

東京や大阪から九州へ行くなら?スターフライヤー(SFJ)がオススメです。
SFJ航空券の格安版は、そら旅です。
80日前なら羽田と北九州または福岡間が1万円を切る!
近年はサラリーマンでも夏休みが取得しやすくなっています。
早めに予約すれば?有意義な旅行ができるでしょう。
SFJは全席革張りシート!20チャンネルの機内エンターテイメントが楽しめます。
長距離でも退屈しません。

北海道ならAIRDO

北海道の旅を安くしよう!そんな概念で1996年に設立されたのがAIRDOです。
つまり羽田新千歳間はドル箱路線なので、値段が高かった!
その風穴を開けた?今の格安航空会社につながるのがAIRDOです。
まさしく北海道の開拓者精神を具現化した存在です。
結果として現状は納得できていないかもしれませんが、安い北海道行きのチケットを探すなら?AIRDOもチェックしましょう。
割引チケットには、AIRDOスペシャル、DOバリューがあります。

社風が機内に現れる

国内に複数の航空会社はいらない!そんな議論もありますが、資本主義社会ですから競争は不可欠です。
航空会社は社風が機内に現れる!
そんなマニア的に探すのも良いでしょう。

  « 前の記事: を読む