値段の安さが売りなLCCで探そう

- 値段の安さが売りなLCCで探そう

値段の安さが売りなLCCで探そう

格安航空券と言えば?もちろん値段の安さが売りです。
ネットで調べれば?現時点での最安値!簡単に知ることができるでしょう。
ビジネスでも使えるようになった格安航空チケットです。今なら当日の予約も可能です。
それでも原点に戻って、値段で探してみましょう。


東京大阪間が1万円

東京から大阪へ行くには?ほとんどの人は新幹線を使うでしょう。
今なら「のぞみ」に乗れば2時間半で値段は14450円です。
もちろん格安航空チケットやLCCを意識して、新幹線も格安チケットがあります。
とはいえ飛行機でも東京大阪間が1万円!
空港へのアクセスもあるでしょうが、空港近くのビジネスなら?
JAL航空券やANA航空券などの航空チケットが第一候補になりそうです。
また複数の目的地がある場合の旅行も、羽田や伊丹をハブとして利用すれば?リーズナブルな旅が楽しめるでしょう。

東京福岡間で2万円を切る

東京大阪間だと躊躇するかもしれませんが、東京から福岡へ行く?ならば飛行機にしたいところです。
例えば新幹線だと「のぞみ」を使っても約5時間!これは国際線並みの長時間です。
また値段は時期にもよりますが自由席でも22000円前後です。
一方でSFJ航空券を利用すれば東京福岡間が2万円を切る!16000円台もあります。
時間とお金が節約できる!こんな航空券を見逃してはいけないでしょう。

東京札幌間なら3万円

飛行機のドル箱路線は羽田と新千歳間です。
北海道へ行く交通機関には選択肢がない?よって航空会社も強気です。
格安航空としては老舗のAIRDOも?東京札幌間は3万円前後!スカイマークで21000円?そんなのもありますが限定品です。
だからこそ北海道新幹線の開通が待たれるのでしょう。
そうすれば航空チケットは?さらに激戦区となりそうです。

東京沖縄間を3万円台で探す

陸続きではない?沖縄もそのひとつです。
東京沖縄間を3万円台で探す?
時間的な余裕のある旅なら?往復で35000円台があります。
ツアーのような形式で宿泊セットを選ぶことも可能でしょう。
もちろん沖縄便は季節によって値段の変動が大きいものです。
とはいえ海を楽しめる期間が長いので、夏休みのピークを外して探せば?リーズナブルなチケットが少なくありません。

余ったお金でご馳走を

景気が良くなれば?プチ贅沢もできるでしょう。
とはいえ格安航空チケットを利用すれば?
余ったお金で、ご馳走を食べる!
旅ならではの楽しみ方をしましょう。

  « 前の記事: を読む